陰者は斜に構える

主にポケモン。好き勝手に語ります。

【S35】サイクル偽装壁ダイナザシアン【最終296位&323位】

こんにちは。かげものです。

S35および剣盾ランクマお疲れ様でした!

大したレートでもないですが(レート1859)、自己ベストを更新でき、最後でもあるので記録を残します!

 

【構築概要】

ダイナイベルネクロで若干受けの雰囲気を出すことで、積みの天敵であるメタモンマーシャドーを少しでも抑制できてたらいいな、、、という願望がありました。

 

【構築経緯】

①引き続き禁伝環境という事で、S33で少し触った「壁×ザシアン」を使いたいと考えた。

②壁役には個人的には光の粘土を持たせたいと考え、タスキを持たせずとも基本ワンパンされないムゲンダイナを採用した。

ダイマ枠その1として、ヌオーや丸くなるポリ2といったポケモンが減った今、通りが良さそうかつ少し意表もつけそうなASジガルデを採用。

【S34ーR2012-最終31位】天地開闢バドジガルデ【ポケモン剣盾】 - BBB線上のアリア

(壁×ASジガルデのアイディアは上記も参考にしました)

ダイマ枠その2として、黒バド、ルギア、ルナアーラにある程度強く、99というSラインが偉いイベルタルを採用。

ダイマ枠その3として、ゼルネアス、キュレム、白バド、ザシアンに強めで、かつサイクルっぽくも見える枠として日食ネクロズマを採用。

カバルドンへの圧力兼、早いザシアンや黒バドのケアとしてスカーフカイオーガを採用。

 

【個体解説】

ザシアン@くちたけん

性格:いじっぱり

調整:199(252)-211(+12)-136(4)-×-153(140)-181(100)

HAB:コピーザシアンの巨獣を75%で耐え、返しの巨獣石化で落とす確率まで含め対メタモン勝率約6割

  HD:C202カイオーガの潮吹きを最高乱数切り耐え、C197ムゲンダイナの放射を89.1%で2耐え

     S:意地ザシアン意識

技:巨獣斬/じゃれつく/でんこうせっか/つるぎのまい

ジガルデやカイオーガとの補完が神。

明確な役割としては、壁を盾に剣舞を積む、ダイナミラー上取られた際の引き先、対ドラゴンのストッパー等々。

後述のジガルデがパーフェクトフォルムになるとSが落ち、1舞後でもスカーフオーガに抜かれてしまうため、壁が切れてもオーガのストッパーになれるようHD調整。ザシアンミラーでも勝つ確率を上げようと思いSも欲張った。

ダイナがゼクロム、ジガルデに打点を持たないためじゃれつくは外せなかった。

 

 

ムゲンダイナ@ひかりのねんど

性格:おくびょう

調整:237(172)-×-118(20)-184(148)-119(28)-184(+140)

   HB:A192ザシアンの巨獣→壁下巨獣を90%で耐え

     C:なるべく高く、HAザシアン(197-136)に対し放射が71.8%の乱数2発、HD特化ザシアンは確定3発

  HD:C特化珠ディアルガの150ダイドラグーンを81.3%で耐え

     S:A特化ザシアン意識

技:どくどく/かえんほうしゃ/リフレクター/ひかりのかべ

壁張り役。ほとんどの試合で初手に出した。

壁ダイナはほぼCSぶっぱかHSぶっぱであったと思うが、S185~200は仮想敵が少ないと判断し、意地ザシアンをおよそ抜けるラインまでSを落とした。これより早いザシアンは全てHSとし、どんな相手に対しても2回は動けるよう耐久、火力に振り分けた。(ただ、1位の構築を筆頭にこれより早い意地ザシアンも存在していたようなので結果的には甘かった) 

またテンプレではダイマ砲が採用されているが、両壁を見てから回復技で壁を枯らしに出て来るホウオウ、ルギア、ルナアーラ、ラッキー等に対し引くしか選択肢が無いと、裏にも状態異常を撒かれ一方的に不利になると思ったので、少しでも負荷を与えられるどくどくを採用した。

初手でイベルと対面した時に安定しないのが難点だが、経験則的に初手ダイマしてくるイベルタルは物理が多かったので最後のほうはほぼリフレクターを選択していた。(相手の順位が低ければ特殊も考える)

 

ジガルデ@達人の帯

性格:ようき

調整:183-152(252)-141-×-116(4)-161(+252)

     A:ダイアースで199-136ザシアンが87.5%、207-140ディアルガが62.5%の乱数一発

技:地震/逆鱗/ストーンエッジ/りゅうのまい

興味本位で初めてこのポケモンを使ったが、ホウオウが多かった事もあり最終的にはイベルネクロより選出率は高かった。

イベルはイベルで強く動かしたいのと、せっかくの耐久を削るのもというのもあり、珠はイベルに譲った。

無振りでも壁×ダイアースが積めると化け物レベルで硬くなる。

飛行には岩技を打つと思い、威力重視でサウザンアローを地震に変えたが、ザシアンからランドロスに引かれて負けた事もあったので一長一短だと感じた。

エッジは当てればホウオウに吹き飛ばされる前に迅速に処理できるのが偉い。

弱いのは素のAが低すぎてイベルへのダイロックのダメージ等が足りていない点と、パーフェクトになるとSが落ちるのも地味にきつい時がある。

この型であっても脳死で使って強いわけではなく、Sが落ちる事も頭に入れて毎ターン技選択を吟味しなければあっけなくミスとなり負けうると感じた。

 

イベルタル@いのちのたま

性格:おくびょう

調整:201-×-116(4)-183(252)-118-166(+252)

技:あくのはどう/デスウイング/ねっぷう/みがわり

対黒バドはもちろんだが、このままだと珠ランドにも先に展開されると壊滅しかねないため最速の特殊型で採用した。

身代わり(ダイウォール)は相手のダイマ枯らしで重宝した。

正直、オーガザシアンを見ただけで選出を渋る事が多かったが、出せた時は上手く場に着地させる事さえ出来れば存分に強さを見せてくれた。

 

日食ネクロズマ@ラムのみ

性格:いじっぱり

調整:175(20)-228(+244)-148(4)-×-130(4)-127(236)

     S:遅いイベルタルは抜けてる程度

技:メテオドライブ/サイコファング/地震/りゅうのまい

対ザシアンで出したい枠ではあるものの黒バドが見えるとびびって出せない事がほとんどでした。

麻痺、火傷、眠りを拒否できる持ち物としてラムはそこそこ優秀だったと思います。

オーガ、ヌオー、ラグ辺りを吹き飛ばす用にダイサイコを採用し、またダイアースは相性補完の他にゼルネアス対面でも活きていた。

構想段階ではヌオーバンギオーガ受けみたいな並びを崩せうる?というのも採用理由でしたが、当たる事がなかったです。

 

カイオーガこだわりスカーフ

性格:おくびょう

調整:175-×-111(4)-202(252)-160-156(+252)

技:しおふき/かみなり/れいとうビーム/ねっとう

実はまともに使った事がなく最初は全然信用出来てなかった。初手投げするとHDザシアンやディアルガにカモられやすいので、裏から投げると強いという事に気付いてからは選出に組み込めるようになった。

 

【選出】

ダイナ、ダイマ枠(ジガorイベルorネクロ)から一体、非ダイマ枠(オーガorザシアン)から一体の選出を基本とした。

また以下の選出の目安もありました。

対ホウオウ→ジガルデ選出

対黒バド→なるべくイベルかオーガは選出

ゼクロム→ジガルデザシアン選出

 

【厳しい相手】

サイコファングザシアン(かわらわりグラードン)

→数的には少ないものの0という事は無い、当たったらどうしようもなく死ぬしかない。

コスパダイナ×メタモン

コスパダイナの突破を積みに頼るのでメタモンが居るとコピられて終わり。突破しようと積み→何発か攻撃などやっているうちに壁も枯れがちなのでかなり厳しい。

・タスキ竜舞ジガルデ

→確実に麻痺を入れられるのが普通に嫌なのと、単純に竜舞→攻撃されるだけでも崩壊しかねないので強いと思う。

 

【最後に】

最後の最後に自己ベストを出せて嬉しいです。

過去の最終3桁×3はいずれも並び自体は人様からパクったものだったので、今回は自分の並びである程度勝てたというのも意味がありました。

チャンピオンリーグや今回の幻ルールのように、プールの狭いルールなら少しは自分で構築組めるようになったのかもしれません。

もう剣盾ランクマは無いと思うと寂しいですが、SVではまずレート1900目指してやっていこうと思います。

基本的に一人でポケモンをやっているので、絡んでもらえると嬉しいです!↓

twitter.com

ここまで見ていただきありがとうございました。